富士フイルムの等倍マクロレンズ『Carl Zeiss Touit 2.8/50M』を購入

DSCF7217


富士フイルムのXマウントで唯一の等倍マクロレンズ『Carl Zeiss Touit 2.8/50M』を購入した。今年の冬に純正の等倍マクロレンズが発売されるが、それまで待てなかった。Zeissのレンズを使ってみたかったし、なにより、等倍の世界を早く覗いてみたかったのだ。


DSCF7699


予想はしていたが、このレンズは手振れ補正がないので、ピント合わせがシビアだ。被写体に寄れば寄るほどファインダーの像が揺れるし、開放付近のピント面はかなり薄い。被写体に寄ると、奥行きがなくなるからだろう。


DSCF6534


ただ、手振れも絞りも、いずれ慣れるような気はしている。風による被写体の揺れに気をつけて、呼吸を止めてシャッターを切る。寄ったときのF値は、おそらく8あたりがピークだ。いま現像している写真の中に、そのあたりで撮ったものがあるのでまた紹介したい。


DSCF7492


マクロレンズを購入した理由は、日常生活の中では見ることのない世界を写したかったからだ。正確には、なんとなく見ているが凝視することのない世界。そこには思いも寄らない光景がある。人の目は神秘的だし、花はエロティックだ。葉脈は躍動しているし、水滴は幻想的だ。寄りたい世界が、まだまだ沢山ある。


撮影カメラ