中田島砂丘の風紋

DSCF8349


DSCF8265


DSCF8119


子供が愛知県の豊橋市で部活の合宿をしていたので、様子を見に行ったついでに、浜松の中田島砂丘に寄った。

中田島砂丘は、九十九里浜と鳥取砂丘に並んで日本の三大砂丘と言われているが、想像していたよりも砂の丘は小さかった。近年はダムの影響で砂が減少しているそうなので、昔は違った風景だったのかもしれない。

ただ、目的としていた風紋は写真に収めることができた。風紋とは、風によって砂の表面上に形づくられる模様のこと。条件のよい場所でしか見られないそうで、風が強すぎても崩れるし、砂の粒が揃っていても模様はできないそうだ。

次来たときも見れるといいのだが。


撮影カメラ


撮影地