熊野古道 - 小雲取越

DSCF3962


きっかけは病院の待合室だった。子供を病院に連れて行ったときのこと。待合室に置いてあった雑誌を何気なく手に取った。タイトルは「泣ける日本の絶景88」。その中の一枚、熊野の写真に目を奪われた。


DSCF4230


その写真は山のいただきが何層も重なり、手前の濃紺から奥の空色まで、恐ろしく綺麗なグラデーションを描いていた。いつかこんな写真が撮りたい。そう強く感じた


DSCF4170


あれから5ヶ月が経ち、熊野を訪れた。名古屋から行くと、和歌山の新宮駅まで高速バスで約4時間。そこから熊野古道の入り口まで路線バスで約1時間だ。


DSCF4299


今回歩いたのは、熊野古道の小雲取越ルート。


DSCF4182


小雲取越は西の「小口」から登るルートと、東の「請川」から登るルートがある。私が選んだのは請川から登るルートで、目的の「百間ぐら」までは歩いて約3時間の道のりだ。


DSCF5769


請川から登る際は入り口に注意して欲しい。和歌山観光協会の拡大マップでは、国道165号から北に曲がる道が入り口になっている。マップを見るとその道は幅があるように感じるが、実際は下の写真で巡礼者が登っている小さな石段が入り口だ。降りるバス停もマップでは「請川」となっているが、実際は隣りの「下地橋」が一番近い。


DSCF5851


この石段のすぐ右隣りに広い道があり、私はそちらに進んで30分ほど歩いてしまった。水たまりなどを無駄に撮りながら、何かおかしいと感じて引き返したのだが、おかげで時間をロスして体力も消耗した。


DSCF3858


入り口さえ見つかれば、百間ぐらまではほぼ一本道だ。先のマップを見れば問題なく進める。


DSCF4476


熊野古道は熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社へと通じる参詣道の総称で、三重県、和歌山県、奈良県、大阪府をまたいでいる。


DSCF5782


全長は600kmを超え、紀伊路、小辺路、中辺路、大辺路、伊勢路に分けられている。小雲取越ルートは中辺路の一部で、千年以上前から参拝者が歩いてきた路だ。


DSCF4308


請川から百間ぐらまでのアップダウンはそれほど激しくないが、最初のロスがジャブのように効いて、なかなか厳しい道のりだった。


DSCF4509


それでもなんとか百間ぐらに到着。


DSCF4545


この先の絶景は次回の記事で。


熊野古道の記事


撮影カメラ


撮影地