熊野古道 - 百間ぐらの星空

DSCF5611


熊野古道の百間ぐらで野宿した際に、星空を撮影した。星空を撮るのは初めてだったが、教科書通りにやれば意外と写るものだ。


DSCF5605


カメラの設定はF値が開放2.8、ISO感度が3200で、シャッタースピードが4秒〜10秒。


DSCF5647


山頂で星が出るのを待っていたら、風で木々がざわついた。山のざわめきは海の波と同じ音がする。新しい発見だった。


熊野古道の記事


撮影カメラ


撮影地