RYOSUKE HAGIHARA

写真撮影を承ります(名古屋・愛知・岐阜・三重・全国)

対象物までの距離と、対象物の高さを測定できるアプリ|RealMeasure



Photo Link


あなたは恋人と南極にいる。広大な雪原にいるのはあなたと恋人だけ。外界から離れ、2人はとても幸せな時を過ごしていた。

突如、地割れが発生する。あなたと恋人の手が離れる。握っていればよかったけど、それは叶わぬ夢。

あなたと恋人の間に深い谷ができた。あなたは足が短い。助走をつけても飛べるのは1メートルだ。はたして谷間の距離はどれぐらいあるのだろう。そんな時には...


 RealMeasure (AppStoreLink 230円)


ヒザ50cm、股下75cm、ヘソ100cm、胸120cm、アゴ150cm

これは、私の体の長さだ。それぞれ地面からの距離になる。RealMeasureは、この距離が重要になる。メモアプリか何かに記録しておくとよいだろう。


RealMeasureは、自分から対象物までの距離と、対象物の高さを測定できるアプリだ。

使い方は簡単。カネゴンとの距離を測ってみる。


最初に、右上の枠に床とiPhoneとの距離を入力する。座っている場合は、膝を立ててiPhoneをあわせればよいだろう。立っている場合は胸の位置に合わせればいい。私の場合は、膝なら50、胸なら120と入力する。入力したら "Pos.Height Set & Measure" をタップする。


次に中央の横線 "Obj. Grand Level" を対象物の底辺に合わせる。画面右に表示されたDistanceが自分と対象物との距離だ。画面右下の "Distance HOLD" をタップすると横線が固定される。


次にiPhoneを傾けて、中央の横線 "Obj. Height Level" を対象物の頂点に合わせる。画面左の "Obj. Height" が対象物の高さだ。カネゴンの高さは19cmという事になる。


カネゴンとの距離と高さをメジャーで計測したところ、距離は誤差3cm、高さは誤差1cmだった。

谷間の距離を測るぐらいなら問題ない。計り知れないのはRealMeasureの用途だ。


 RealMeasure (AppStoreLink 230円)


<この記事をはてブ&Retweet!>
<この記事をRetweet!>
↑ いきなりRetweetされる事はありません。Twitterのホーム画面が表示され感想も入力できます。